フリーメイソンと宇宙人にまつわる都市伝説

2011年08月30日

ルネサンス期の頃からの歴史を持つフリーメイソンには、常に真偽も定かでない都市伝説がつきまといます。
それらのジャンルのひとつが、宇宙人に関係するもの。

曰く、
・フリーメイソンは以前から宇宙人と交信していた
・イギリス王家の血筋は元々宇宙人である
・地球人は、宇宙人が遺伝子操作をすることで生み出された

というものです。
実際証拠も何もあるわけではないですし、デマの可能性はかなり高いです。

というのも、まず宇宙人にまつわるそういった事実があるならもうとっくに一般人の間にも知れ渡っているはずです。
フリーメイソンには案外簡単に入会できるようですし、メンバーだって人間です。「宇宙人」というビッグニュースがあれば一般の知り合いや友達に話したくなるのが人情でしょう。
にも関わらず、宇宙人の写真や文書などの証拠が流出しないというのは常識的に考えて明らかに不自然です。尖閣ビデオだって流出したというのに。

元々、フリーメイソンはそんなに怪しい組織ではありません。
フリーメイソンに対するイメージは「怪しい」「違法なことやってそう」「世界を裏から操っている」などが大半ですが、基本的には地位が高い人の社交クラブのようなものです。

もちろん、実際にフリーメイソンと宇宙人には密接な関係があるのかもしれません。その可能性は捨てきれません。

ただ「3本足のフライドチキン」「コーラの原液」に代表されるように、流行っているもの、正体がよく分からないものに対しては、人々の妬みや不安からある程度の数の都市伝説が生まれます。
そうなると、正体がよく分からないフリーメイソンというのは都市伝説の温床のようなものです。
おそらく、フリーメイソンと宇宙人にまつわる都市伝説は、そういった人々の不安や羨望から形づくられたのでしょうね。