外構工事(がいこうこうじ)とは?

外構工事(がいこうこうじ)とは、家やビルなどの建物の「周り」、つまり外側の工事です。いわゆるエクステリアとほぼ同じ概念ですね。
一口に外構工事と言っても、建物周りの設備には意外といろんな設備があるので工事の内容は多岐に渡ります。

例えば、
・車庫や玄関、庭の一部の舗装工事
・植栽、垣根の設置などの造園系工事
・側溝設置などの排水処理
・門や塀などの設備の設置
・テラス屋根、車庫屋根などの設置
・その他、化粧ブロックやメタルフェンス等の設置など

という感じです。建物の周りの環境に対する工事ならほぼ何でも含まれると考えて良いでしょう。

なお外構工事が行われるのは、一般家庭の場合は「家を建てる時」が一番多く、次いでリフォームなどのタイミングが多いと言われています。

ただ、多くの方は家を建てる時に「家の間取り」「床面積の広さ」など、家自体の構造にばかり気が向きがちで外構の部分まではあまり考えていなかったりします。
自分たちが住む家の中のことを考えるのも大切ですが、外構は全体的な美観や使い勝手に大きく影響してきます。
建設業者に任せっきりにせずに、自分たちでもある程度イメージを固めておきましょう。
もしなかなか良いイメージが沸かない場合は、自分の足で外に出て「理想の家」を探してみてください。モデルがあれば業者とのイメージも共有しやすくなります。

ちなみに外構工事は、大手の業者に頼むと結構中間マージンを取ったうえで下請け会社に回したりすることが多いので(どこの業種もそうですが)、ある程度のイメージができたら、信頼できる別の業者を探して頼むほうが価格は抑えられる傾向が大きいようです。