フリーメイソンの都市伝説

都市伝説として昔からささやかれている有名なもののひとつに、「フリーメイソン(フリーメーソン)」があります。

フリーメイソンとは、語弊を恐れずに一般に言い習わされている言い方をするならば、いわゆる秘密結社です。(本当は「秘密」ではないのですが)
秘密結社というと怪しさ120%ですが、言葉の響きほど怪しい組織ではありません。

日本ではテレビやアニメの影響で「秘密結社=悪」という図式が成り立っていますが、別に悪いことをするためにフリーメイソンが組織されたわけではありません。
同じく「カルテル」や「シンジケート」も日本では良いイメージがありませんが、こちらも会員相互の利益を守るための組織であり、悪事をはたらくための組織ではないです。

さてそんなフリーメイソンが組織された目的とは、
「会員相互の特性と人格の向上をはかり、よき人々をさらに良くする」

はい、都市伝説とは一切関係ないですね。陰謀とかもまるで無縁です。
元々はイタリアのメディチ家の血族が集う団体で、今となってはその血筋に限らず、地位の高い人々が集まる社交場になっているそうです。

さて、ここでフリーメイソンに関する都市伝説をいくつか挙げてみましょう。

【フリーメイソンに関する都市伝説】(一部)

・1ドル札の裏にはフリーメイソンのマークが描かれている!
・坂本竜馬はフリーメイソンだった!
・オーバーテクノロジー(現在の科学技術を超越した技術)を研究している!
・民主党本部ビルにフリーメイソンのマークが描かれている!
・新千円札の野口英世の目と富士山の位置関係は、フリーメイソンのマークが元になっている!

まあ、大まかにはこんな感じです。本当はもっとありますが。
ちなみにフリーメイソンのマークは「ピラミッドの目」と言われ、ピラミッドの頂上付近に目が描いてあるというマークです。

元々限られた人しか入れなかったので都市伝説や陰謀論の温床になっていましたが、冷静に考えれば今囁かれている都市伝説はほとんどがこじつけであることが分かります。

そもそもフリーメイソンに関する都市伝説の多くは「・・・にフリーメイソンのマークが似ている」というものです。
フリーメイソンのマークって、単にピラミッドに目を描いただけですよ?そりゃーどこかで似たようなものがあるっつーの。

大方フリーメイソンを意識してた人が、目やピラミッドが描いてあるものを勝手にフリーメイソンに結び付けて都市伝説化したのでしょう。
似たようなマークなら自分だって知ってます。遊戯王のアレ、千年パズル。モロに「ピラミッド+目玉」っていう構成ですよね。

こんな感じでわりとありふれたマークなので、実際いたるところで見かけます。
フリーメイソンの都市伝説とは、団体自体の秘匿性と、それを意識する人の思い込みや願望で作られたものなのでしょう。